シャイニー薊がオススメしている低音調理の凄さとは一体何なのか?

スポンサーリンク
シャイニー薊がオススメしている低音調理の凄さとは一体何なのか? Fitness

マッスルグリルの動画でぼにっくを使った低音調理を紹介していました。
そこで今回は低音調理とは何なのか普通の調理法とは何が違うのかを詳しく解説していきます。

昔では手軽にできなかった低温調理を家庭でも簡単に再現できる低温調理家電も紹介します。
興味がある方は試してみてください。

関連記事:シャイニー薊さんの経歴は?ステロイドを使っているか?筋肉論は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

低音調理とは

低温調理とは
  • 低温で長時間かけて火を通していく調理法(40〜60度)
  • 食材を耐熱袋に入れて真空にさせた状態で加熱するので真空調理法とも言う

真空調理法(しんくうちょうりほう、フランス語cuisson sous-vide)は、1979年フランスでジョルジュ・プラリュによりフォアグラテリーヌの調理のため開発された調理法のひとつである。「焼く」「蒸す」「煮る」に次ぐ、第四の調理法とも呼ばれる。英語ではVacuum packed pouch cookingと表記する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%A9%BA%E8%AA%BF%E7%90%86%E6%B3%95

上記の通り低温調理自体は1979年にフランスで誕生しています。

ではなぜ最近日本で低温調理が知られるようになったのかと言うと家庭用の低温調理家電が続々と発売されているからだと思います。

温度を一定に保つのは専用の家電がないとかなり難しく家庭では簡単にできるモノではなかったのですが低温調理家電のおかげで一般家庭に広まっていったのだと思います。

低音調理のメリット

低温調理のメリット
  • ジューシーな仕上がりになる(柔らかい)
  • 低温調理家電を使えば簡単にできる
  • 献立のバリエーションが増える

食材にもよりますが低温で加熱することで水分を失わずにすみ水々しくジューシーな仕上がりになります。

特に肉などは火を入れすぎると硬くなりがちですが低温調理だと柔らかく仕上がります。

また低温調理家電を使うことで食材を入れて放置するだけで出来上がるので時間はかかりますが簡単にできます。

他には「焼く」、「蒸す」、「煮る」、「低温調理」の4つのバリエーションの調理法が使えるので作れる料理の幅が広がり毎日の献立に変化を加えることができます。

低温調理の注意点

低温調理の注意点
  • 時間、温度の設定を間違わないようにする
  • 食材は常温に戻した状態で調理を開始する
  • 水の量と食材の量を考える
  • 時間がかかることを理解しておく

一番やってはいけないのは時間、温度を間違えることです。

低温でじっくりと火を通していくので時間、温度を間違えると生の状態のまま食べてしまう可能性があります。

食中毒になるのでしっかりと時間と温度の管理をしましょう。

また、食材が凍っていたり、冷やされている状態のまま加熱をはじめると火の通りが遅くなって生の状態のままな可能性もあるので常温に戻してから加熱をはじめましょう。

さらに水と食材の量にも注意が必要です。

少量の水に大量の食材を入れると温度の低下が激しくなり一定の温度を保てなくなる可能性があります。あまり食材を入れすぎないようにしましょう。

最後に低温調理は低温で加熱しているので当然ですが時間がかかります。

おすすめ低音調理家電:BONIQ

今回はシャイニー薊さんも愛用している低温調理家電のBONIQをおすすめします。

BONIQのスペック

【定格電力】100V / 50-60Hz(最大800W)
【設定時間】1分~99時間59
【製品サイズ】高さ37cm  / 最大幅10cm / 最小幅6cm / 奥行き11cm(ホルダー含む)
【箱サイズ】縦41cm  横21cm  高さ11cm
【電源コード長】1.5m
【温度範囲】5℃~95℃(温度誤差:+/−1%)冷却機能は有りません。
【湯煎容量】容量5ℓ〜15ℓ
【製品重量】1.2kg
【製造国】中国
【使用地域】日本国内専用
引用:https://boniq.store/

BONIQのレビューをまとめると商品自体はいいものなのは確かだが初期不良が多かったり、すぐに壊れたりする。
すぐに壊れたり初期不良が多いのはどうかと思うがメーカー対応は評判が良く新品と交換してくれる場合もある。

付属の冊子の通りに調理するだけでもお店のような料理が作れるが、調理時間がかかるのは理解してから購入してください。

マッスルグリルさんのBONIQ動画

簡単ですごく美味しそうですね。

鶏肉を調理したことがある人はわかると思いますが、鶏肉を茹でると縮んでパサパサになるのですがBONIQを利用すると全く縮まず水々しくなるのがよくわかります。

低温調理でしか実現できない水々しさなので興味がある人は是非購入してみてください。

まとめ

低温調理を紹介してきましたが最後にまとめると

低温調理のメリット低温調理のデメリット
ジューシーな仕上がりになる時間、温度の設定を間違わないようにしないと食中毒になるかも
低温調理家電を使えば簡単にできる時間がかかる
献立のバリエーションが増える

おすすめの低温調理家電はシャイニー薊さんも愛用しているBONIQです。

付属の冊子の通りに料理するだけでお店のような料理が出来上がります。

注意点としては不良品や故障が多いみたいなので何か不具合が生じたときはすぐにメーカーに問い合わせてみてください。

BONIQを用いて快適な低温調理ライフを送ってください。

Fitness
スポンサーリンク
Q助をフォローする
Pond of The Knowledge
タイトルとURLをコピーしました