[大学受験英語]長文が苦手な人へ正確に早く解くための長文読解コツ

スポンサーリンク
[大学受験英語]長文が苦手な人へ正確に早く解くための長文読解コツ 英語

受験英語において長文問題を大変重要です。

なぜ大学が長文問題を重要視しているのか知らない人は英語を喋れるようにならないのに中学高校で英語を勉強する本当の理由を見てみてください。

ちゃんとした理由があるんだよ!

なぜ重要なのかを知ることは勉強のモチベーションに繋がるので知って欲しいです。

では英語長文のコツを説明していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語長文が苦手になってしまう理由

まずは何が原因で長文が苦手なのか見ていきましょう。

単語を追ってしまう

簡単な問題だったら単語を追っていくだけでもある程度読めてしまいます

ですが難しい問題や特に理系の専門的な話の問題が出たときに単語を追っていくだけでは何を言っているのか意味が分からなくなります。

さらにどれだけ頑張っても読めない単語は出てくるので単語を追うのはやめましょう。

効率よく解き進めれていない

『何度も同じ場所を読み返したりしていませんか?』

試験時間が限られているので同じ場所を何度も読み返していると時間が足らなくなってしまいます。
効率よく解くための手順を理解してください。

時間に余裕ができるとケアレスミスをなくせるよ!

英語長文読解コツ3を参考にしてください。

基礎が固まっていない

多くの原因はこれだと思います。

文法・構造把握(英文解釈)などを正しく理解できているかただの暗記になっていないかが重要です。

基礎がなってないと難関校はまず無理だよ!

英語長文読解コツ2や4を参考にしてください

英語長文読解コツ1:英文がどのように書かれているのかを知ろう!

英語は日本語と違って結論を前に書きます。
もちろん一部例外はあります。

なので段落の変わった最初の一文が読めればその段落で言いたいことはほぼ分かったも同然になります。

日本語は最後に結論が来ることが多いね!

その後は何を書いているかというと具体例や説明、最後の一文はもう一度結論を述べることが多いです。

さらに段落ごとの役割も読み取れるようになるとより解きやすくなります。

英語長文読解コツ2:本当の動詞を見つけよう!

英語長文読解コツ2:動詞を見つけよう!

英語の大原則として動詞は一文につき一つしか無いというものがあります。
(動詞には対応する名詞も必ずある)

なのでまずは本当の動詞を見つけることで文が読みやすくなります。
特に長文問題の場合動詞がいっぱい出てきて混乱してしまうことがあるので有効です。

本当の動詞の見つけ方は

  • sがついてるか
  • 訳がおかしくならないか

などで判断してください。

英文解釈(構造把握)ができれば問題ないと思います。

英語長文読解コツ3:長文問題を正確に早く解くための手順

長文問題は時間が大切なので時間を無駄にしないように効率の良い手順を説明します。

  1. 書いてある日本語を確認する
  2. 注釈・題名を確認する
  3. 問題を読む(選択肢のある問題は選択肢は見ない)
  4. 本文を読みながら問題を解く(基本順番通りになっているのでその都度問題を解く)
  5. 筆者の言いたいことなどに線を引く

和訳問題や英作文は下書きをするようにしましょう。
いきなり回答用紙に書くと消さなないといけなくなり時間がもったいないです。

選択肢を見ない理由は無駄な先入観で読んでしまうのを防ぐためです。

英語長文読解コツ4:英文解釈(構造把握)を完璧にしよう

単語を追ってしまってる人は特に英文解釈(構造把握)を完璧にしてください。

英文解釈(構造把握)ができれば本当の動詞も簡単に見つけられるし難しい文でも簡単に正確に読めます。

最初はSとかVとか書いて練習しますが、慣れてくると書かなくても頭の中でできるようになると正確さと早さが一気に早くなります。

是非ともマスターしてください。

英語長文読解コツ5:前から読めるようになろう

日本語と英語は文の順番が違っていて日本語の順番で英語を読もうとするとどうしても前に行ったり後ろに行ったりしながら出ないと読めません。

なので英語の順番通りに前から読めるようになろう

前から読めると読むスピードが早くなるしリスニング対策にもなります。

英語長文読解コツ6:シュミレーションをしよう

これは長文問題に限ったことではないですが学校別に絶対に出るジャンルや問題形式がある程度は決まっているので過去問を使ってシュミレーションしましょう。

まずは過去問をやってみて得意な形式の問題・苦手な問題を把握して、急いで解くところじっくり解くところなどと分けておいて時間を有効活用できるようにしよう。

一番差がつきやすいのは過去問対策だと思うので最後までやり切りましょう。

詳しくはこちらを参考にしてください。

長文練習おすすめ参考書

英語長文ハイパートレーニングシリーズをおすすめします。

ハイパートレーニングシリーズは解答がすごく充実していて全訳と全文の英文解釈(構造把握)がついているので英文解釈の確認と英文解釈を頭の中でやる練習に最適です。

さらにCDもついているので前から理解する練習、リスニングの練習にも使えます。

英文解釈が一通り終わったらこちらの問題集をおすすめします。
入門編もありますが簡単な文で練習してもあまり意味ないので標準編からで良いです。

[大学受験英語]長文が苦手な人へ正確に早く解くための長文読解コツまとめ

ここまでで説明してきたコツをしっかり利用することができれば正確に早く長文問題が解けるようになると思います。

長文問題は1番の得点源なので落とさずしっかり取っていきましょう。

英語
スポンサーリンク
Q助をフォローする
Pond of The Knowledge
タイトルとURLをコピーしました