[飼い主が語る]猫の爪とぎはくらふと工房クレアルがおすすめ!

スポンサーリンク
[飼い主が語る]猫の爪とぎはくらふと工房クレアルがおすすめ!

今回はくらふと工房クレアルの猫用爪とぎを紹介したいと思います。

Amazonや楽天などの通販サイトで手軽に購入できます。

段ボールで作られている爪とぎでとても丈夫なのが特徴です。
大きな猫だったり乱暴な猫を飼ってる人に特におすすめです。

では詳しく紹介していきます。

こんな人におすすめ
  • 猫が爪とぎをすぐに潰してしまう
  • 猫が爪とぎをに気に入ってくれない
  • 大きいサイズの爪とぎを探している
スポンサーリンク
スポンサーリンク

くらふと工房クレアルについて

くらふと工房クレアルは愛知県にある段ボールを扱っている通販サイトです。

サイトを見たところ猫の爪とぎが主力商品みたいです。
愛知県には実店舗も2店舗出店されています。

運営はイナパックという株式会社です。
段ボールパッケージや段ボール製品の開発製造などをしている会社です。

くらふと工房クレアルの爪とぎの特徴

特徴
  • 国産のダンボールを使って手作業で貼り付けている
  • 丈夫で壊れない
  • カラーやデザインが豊富
  • サイズが大きいので大きな猫でも使いやすい
  • ジョイントボックスを使えばオリジナルの爪とぎが作れる

国産のダンボールを使って手作業で貼り付けている

猫の爪とぎは多くが中国産のものになっています。

猫が使うものだから特に気にしないという人もいると思いますがやっぱり国産のものが安心できるという人もいると思います。

そういった人にくらふと工房クレアルの爪とぎは安心してる使えると思います。

さらに手作業で貼り付けているのでより安心できます。

丈夫で壊れない

我が家の猫は8kgもあるのでかなり大きく力も強いのですぐにおもちゃや爪研ぎを壊してしまいます。

ですがくらふと工房クレアルの爪とぎは国産のしっかりとしたダンボールをくり抜いて作られているのですごく丈夫です

全然壊れませんでした。

カラーやデザインが豊富

カラーは多いもので12色用意されているので部屋のデザインを壊さずにインテリアとして利用することもできます。

デザインもハウス型のものからベット型やタワー型など様々な形の爪とぎがあります。

サイズが大きいので大きな猫でも使いやすい

他の商品は一般的な4、5kgの猫用のものが多いので小さいなと感じるんですが

くらふと工房クレアルの爪とぎはサイズの大きいものが多いので8kg大型猫でも広々と使えます。

ジョイントボックスを使えばオリジナルの爪とぎが作れる

ジョイントボックスシリーズはいろいろな爪とぎを組み合わせてオリジナルの爪とぎを作ることができます。

高いところが好きな猫にはピラミッドを作ってあげたりできます。

色々変化を加えれるので猫も飽きないで楽しんでくれると思います

実際の使用感

実際の使用感

実際に購入したのは

上記の2つの商品です。

段ボール製なので恐らくほぼ全ての猫が使ってくれると思います

壊れることはないのでベットや遊びにはずっと使えます
爪とぎとしては段ボールなので寿命があります。
人間が座っても大丈夫なので椅子にもできます。

それでは1つずつの使用感をお伝えします。

猫の爪とぎファンタジートンネル

こちらの商品は上に乗っても中に入っても爪を研いだり寝たりできます

上下ひっくり返しても使えるのでお得です。

サイズ感は(最適体重で)8kgの猫でもぴったりだった(尻尾ははみ出る)のでほとんど全ての猫問題なく使えると思います。

可愛い写真も撮れるのでおすすめです。

猫の爪とぎ穴あき枕

こちらの商品は上に乗ったり中に入って爪を研いだり寝たりできます

この商品も上下をひっくり返しても使えます。

サイズ感は8kgの猫だと上に乗った場合は広々と使えます中に入るのは入れないことはないですが好んでは入らなかったです

4、5kgの猫だと問題なく入れると思います。

2サイズあるので猫の大きさに合わせてあげてください。

気になる点

一つ気になる点があるとすれば値段が高いと感じる人がいるかもしれないことです。

ですが国産のダンボールを使っていることや手作業で貼り付けていることや品質を考えると妥当な値段だと私は思います。

気になった方は一度購入してみてください。
喜んで使ってくれると思います。

終わりに

今回はおすすめの猫の爪とぎとしてくらふと工房クレアルを紹介しました。

色々なデザインがあり品質も良いので一度購入したらリピートしたくなるはずです。
実際私もリピートしていますしこれからもリピートすると思います。

少しでも気になったり爪とぎを探している人は一度購入してみてください。

スポンサーリンク
Q助をフォローする
Pond of The Knowledge
タイトルとURLをコピーしました